スマホでレジュメを見ながらマルチメディア研修を受講する方法

行き帰りの通勤電車で、スマホで研修を視聴する機会が増えています。

往復で2時間かかる通勤時間、ただ音楽を聞いたり、ネットや動画を観たりしているだけではもったいないので、もっと有効に活用できないかと思っていたところ、たどり着いたのが「マルチメディア研修」です。

ただ、私が利用する電車は混雑することで悪名が高く、レジュメの冊子を広げるのも困難です。とはいえ、レジュメなしでの視聴は不便ですし、かといって、研修の映像とレジュメを2分割で表示するのも嫌だったので(そもそもそんなことできる?)、あれこれ調べていたところ、「これだ!」という方法に思い当たりました。

※桜が開花する季節になりましたね。

マルチメディア研修を視聴するようになったのは・・・

日本税理士連合会が、同会や税理士会が主催する研修を動画で配信するサービスで、各会場で行われた研修や個別に収録した研修を視聴することができます。

ただ、視聴できるのは登録した税理士だけで、一般の方が視聴することはできません。

マルチメディア研修の存在はかねてから知っていましたが、

「結局視聴するための時間を確保しなければならないので、会場で受講しようがパソコンで受講しようが同じじゃん」

「わざわざ研修のためにパソコンを立ち上げるのも・・・」

と思ってしまい、深く知ることもせずに敬遠していました。

しかし、ここ最近、興味があって受講したかった研修を、急な予定が入り、出席できなくなってしまったことが頻発したため、何とかならないかと悩んでいました。

そのようなときに、月に一度配布される業界新聞で、マルチメディア研修をスマホで受講されている税理士さんの紹介記事が掲載されていて、試しに視聴してみたところ、ストレスを感じることがなかったので、スマホ視聴を積極的に利用するようになりました。

レジュメを見ながら視聴する方法

研修はレジュメを中心に進みます。

事務所や自宅であれば、紙に打ち出した研修資料を広げたり、他の電子媒体を並べて視聴することができます。

しかし、私のような外出先のちょっとしたスキマ時間や通勤時間を使ってというタイプだとどうにもなりません。常に紙や他の電子媒体を持ち歩いていたらなんとかなるのかもしれませんが、特に通勤電車だと、混雑しているなかで紙を広げるのは憚られます。

というわけで、今私は以下のような方法で、スマホ視聴を行っています。
※お持ちの端末によっては、方法が若干異なるかもしれません。

手順1

WEBブラウザを開いて、ウインドウを2つ立ち上げます。

手順2

手順1で立ち上げたウインドウのどちらかで、日本税理士連合会または所属する税理士会のホームページにアクセスします。

手順3

会員専用サイトにログインし、ログイン後、研修サイトに移ります。

手順4

視聴したい研修を選択します。

手順5

研修資料をダウンロードし、観たいチャプターを選択します。

手順6

視聴を開始すると、スマホの最上部にスピーカーのマークが表示されるはずです。

手順7

画面を最上部から下方向にスイープします。

すると、開始している研修の再生状況が表示されますので、停止します。

停止後トップ画面に戻っても、最上部にスピーカーマークが表示されていれば、ここまでは完壁です。

手順8

ダウンロードした研修資料を立ち上げます。

最上部にスピーカーマークが表示されますが、まだ研修の音声は流れていないはずです。

手順9

画面に研修資料が表示されたままで、最上部から下方向にスイープします。

手順8の再生状況が表示されますので、再生します。

すると、研修の音声が流れてくるはずです。

手順10

あとは、表示された研修資料をめくりながら、バックグラウンドで流れる研修を受講してください。

今回のまとめ

この方法での視聴は、次の点が少し不便かなと思ったりします。

・スマホの画面上は研修資料のみが表示されるので、講師の顔が見れない。

・一つの研修は複数のチャプターに編集されているため、チャプターごとに手順を繰り返されなければならない。

・通信環境に左右される。特に地下鉄は、頻繁にフリーズすることがある。

とはいえ、いずれも視聴するのに強烈なストレスとなるようなものでもありません。たとえば、通信環境が悪ければ一旦そこでストップして、後で再開すればよいだけですので。

税理士には年間36時間以上の研修受講義務が課されています。

これまでは、あまり興味がわかないテーマの研修でも、義務をクリアするためにわざわざ会場まで行って受講していたこともあるのですが、これからは本当に聞いてみたい研修だけを自分の好きな時間で視聴できるので、”研修ライフ”が充実しそうな予感がしています。

ジル観察日記

貫禄のある顔つき。目が合ったら猫パンチが飛んできそう。

「何こっち見てんだよ~」